シワの原因と対策

シワの原因と対策

シワの原因と対策

ページの先頭へ戻る

おでこのシワは何故できる?おでこのシワは何故できる?

おでこのシワは見た目年齢を上げてしまいます。口元や目元のシワと同じく、老けて見せてしまう大きな要因となります。

つい見落としがちなおでこのシワは、どのようにしてできてしまうのでしょうか。

シワの大きな原因としてあげられるのが紫外線と乾燥です。おでこのシワもこの2つがおもな原因となります。

また、おでこは顔の部分でも特に日差しや外気に触れやすい部分なので、外からのダメージを受けやすくなっています。

おでこのシワを改善するためには、紫外線と乾燥の2つの対策を行う必要があります。

紫外線対策は毎日のUVケアで行いましょう。下地やファンデーションはUVカット入りの物を使い、塗りムラや塗り忘れがないように、髪の毛の生え際ギリギリまでしっかりと塗りましょう。

おでこは皮脂の分泌量が多くテカリが気になる部分なので、化粧直しをする機会も多い場所です。その際は丁寧にしっかりと化粧直しを行いましょう。

乾燥対策はスキンケアをしっかりと行いましょう。化粧水、美容液、乳液などを丁寧に塗り、保水と保湿を充分にしましょう。

口元のシワは何故できる?口元のシワは何故できる?

口元のシワは見た目の年齢を大きく左右するものです。ほうれい線やマリオネットラインなど、口元のシワは多くの女性の悩みの種です。

口元のシワはいくつか種類があります。加齢によるシワ、乾燥によるシワ、表情筋によるシワなど、その種類は様々です。

シワの種類により原因も異なってきます。自分のシワの種類を見極め、それぞれに合ったケアをすることが大切です。

加齢によるシワは、皮膚を支える筋肉が低下することで起こります。

ゆるやかに進行していくタイプのシワなので、普段から顔の筋肉を動かすなどで予防をしましょう。

乾燥によるシワは細かいシワが特徴です。空気の乾燥や肌の水分保持力が低下することにより肌が乾燥し、シワができてしまいます。

細かいシワなので見落としがちですが、放置しておくと深いシワとなってしまいます。

表情筋によるシワは、話したり笑ったりするなど、口元を動かすことで皮膚にくせが付き、それがシワになることでできるものです。

このシワは皮膚の深い部分にまで刻まれてしまっていることがあるので、できてしまう前に予防することが大切です。

シワ対策 美顔器なども選択肢になりそうですね。

首のシワは何故できる?首のシワは何故できる?

顔のシワは多くの方が気にしているものですが、普段見落としがちな首のシワも年齢が出やすい場所です。

見た目の印象で顔は特に重要な場所ですが、年齢を決める場所は顔より首の割合の方が大きいのです。首のシワをケアすることは、アンチエイジングにも繋がります。

首のシワができる原因は、加齢による肌の衰えや筋力の低下、普段の生活習慣など様々なものがあげられます。

加齢による原因は、皮膚の水分保持力の低下による肌の復元力の低下が考えられています。水分保持力が低下した肌は乾燥しやすくなり、シワができやすい状態となってしまうのです。

また、首を支える筋力が低下することにより皮膚が引っ張られ、シワができるというケースもあります。

生活習慣による首のシワは、首の皮膚の形状記憶が大きな原因としてあげられます。

例えば、姿勢が悪い方は首の皮膚が変な方向に伸びっぱなしになり、首のシワがその状態で付いてしまうというものです。

首のシワが付いた状態で同じ姿勢を取り続けると、シワもどんどん深く刻まれてしまいます。

顔のシワよりケアを怠りがちな首のシワですが、若さと美しさを保つのであれば、普段からしっかりケアすることが大切です。

Copyright (c) 2014 シワの原因と対策 All rights reserved.